ブログ

トップ | ブログ | 2013年01月

500SLC レストア作業風景! その10

前回からの続きです。

さて補修も下地処理も終了したのでボディの塗装に移ります。
20130131-1.jpg   20130131-2.jpg
※左右フロントフェンダー部分
先ずは下地の塗装をしたサフェーサーを均すペーパー掛けをおこないます。

20130131-3.jpg   20130131-4.jpg
※左右クォーターパネル部分
上記と同様にこちらもサフェーサーをペーパー掛け

このサフェーサーを均す作業で、仕上げの塗装面が大きく変わってきます。
研いだ粉を水洗いして乾燥。

その間に各パーツを塗装。
内張りを張ってしまうと殆ど隠れて見えなくなってしまいますが、手を抜きません!
20130131-5.jpg   20130131-6.jpg
※左右のドアパネル(内側)

ドアと同じようにトランクとサンルーフの内側も塗装。
20130131-7.jpg   20130131-8.jpg
※トランクとサンルーフパネル(内側)

ボディ側は先ず、入り組んだ場所からの塗装。
20130131-9.jpg
※ドア開口部付近

均一に塗装するには車種毎に塗り分ける長年の経験と腕が必要。

20130131-10.jpg
※給油口部分

山になっている面は比較的に塗装しやすいが、谷になった部分は届きづらいので微妙な圧力を変えて吹き付ける量を変化させます。

20130131-11.jpg
※トランクのヒンジ付近

段差が低い部分と、パッキン類が取り付く深い溝の部分の複合箇所。

20130131-12.jpg
※バックパネル部分

ここも最終的に見えてくる部分は少ないですが、手は抜きません。
細かな部分を塗装してしまえば後は、全体的に大きく塗れる部分を残すのみです。

途中経過を見に来られたオーナー様も「オゥー、イイネ!」と第一声。

塗装してしまえば、はい終わり!とはいきません。
塗装面の磨きや外したパーツを戻す作業などなど…
まだまだ作業は沢山あります。

でも完成が近づいている事も確か!
早く、私も見てみたい!そんな思いを抱きながら、他車の作業も進めていきます。

次回に報告しますが、若干だけお見せしちゃいます!
20130131-13.jpg   20130131-14.jpg
※右側のリアクォーター部分
シブイ!でしょ。

まだまだ寒いです。
体も心も充分に暖めて、今日も一日の安全運転を!

クルマやバイクの事で御困りの方は先ずは御相談を、クラフターにお任せあれ!
電話でのお問い合わせがしづらい場合は、お問い合わせフォームCRAFTER BBSからの質問でも構いません。
御相談、御見積もりは無料です!
経験豊富なスタッフが、お客様のご要望にお応えします。
By:JJ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ bnr80_15_02.gif

カーファクトリークラフター | 2013.01.31 | PermaLink | トラックバック(0)

ステップワゴン リアゲート部分カスタム

今日は強烈な寒気が関東に上陸しているそうです。

先日、関東に降った雪は一日中、日陰になるところ意外は殆ど無くなってます。
ただ、寒いことには変わりません。

寒さを一時でも忘れられるように、過去の施工車を紹介します。

車種はステップワゴン
リアハッチに他車種のバックナンバーガーニッシュをインストールします。
20130118-2.jpg
先ずはパーツから型枠をとって、それを元にある程度折り曲げを考慮してハッチ部分のカット。

20130118-3.jpg
カットしたままだと、取り付けやハッチ部分の剛性が取れないので、新たに枠を作成して溶接します。 

20130118-4.jpg
次にパーツの仮合せをして全体のバランスや隙間などの確認。

20130118-5.jpg
溶接した部分を含めてパネルの取り付け位置を板金、加工調整します。

20130118-6.jpg
板金、加工調整した周辺を成型する為に、パテ付け。
パテが乾燥したら最終の成型をして塗装に移ります。
成型中は何度かパーツとの隙間などを確認しています。

20130118-7.jpg
塗装を済ませてたら、塗装面の磨きを行います。
取り付けるパーツも同時に塗装をしてありますので取り外したパーツを戻しておきます。

20130118-8.jpg
配線を施して、点灯確認。
パーツとハッチの隙間もドンピシャ!
ここはクラフターの匠の技!

20130118-9.jpg
ナンバーや、メッキモールを取り付けて完成!

今回、バックナンバーガーニッシュを取り付けた理由は、オリジナル性を表現したかったのと、リアバンパーのマフラー出口をセンターに加工したかったからです。
20130118-10.jpg
こちらの社外エアロは元々、標準のマフラー位置を考慮して左側に開口部があります。
左側の開口部は埋めて、センターを2本だし風に加工します。

20130118-11.jpg
型枠を作成してFRPで加工し、パテ付け。
成型をして塗装。
簡単に作業の工程を記載しましたが意外と時間もかかり、難しい作業。

20130118-1.jpg    20130118-12.jpg
※リアからの全体と加工した部分のアップ

手間はかかっても、仕上がりを見た御客様が満足して頂ければ、当社もまた大満足です。
社外のエアロを加工すると、より一層オリジナル度がアップします。

エアロ取り付けを検討している皆さんも、この機会にクラフターへカスタム依頼をしてみては如何でしょうか?

冬場は何かと体が縮こまってしまいます。
体を冷やさないように防寒はしっかりと、今日も一日の安全運転を!

クルマやバイクの事で御困りの方は先ずは御相談を、クラフターにお任せあれ!
電話でのお問い合わせがしづらい場合は、お問い合わせフォームCRAFTER BBSからの質問でも構いません。
御相談、御見積もりは無料です!
経験豊富なスタッフが、お客様のご要望にお応えします。
By:JJ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ bnr80_15_02.gif

カーファクトリークラフター | 2013.01.26 | PermaLink | トラックバック(0)

今年初のバイクの施工依頼はCBR600RR

まだまだ寒い日が続いております。

一昨日の雨は本当に冷たかったですね。
雨が降る直前から、急に大気温度が下がったように思えます。

さて寒さも深まる中で先日、今年に入ってから初のバイクカスタム依頼を頂きました。
寒い中でも来店して頂いた御客様は、ありがたいかぎりです。

依頼を請けた車種はCBR600RR
20130124-1.jpg
とにかくカッコイイ!
それと…
CBRってこんなにシャープ!?と思いました。

20130124-2.jpg
私がバイクに乗り始めた頃のCBRはどちらかと言うと、ずんぐりしたイメージ。
当時はNSRが巾をきかしていた時代。
かなり古い20数年前の話ですが…

今では普通ですがメーターはデジタル表記と針の混合タイプ
20130124-3.jpg

足回りも倒立サス等…
時代の変化で、ここまで高スペックに!
車重も軽そうです。

ライディングポジションは、結構な前傾姿勢になるようですが、慣れてしまえば取り回しもしやすいと思います。

時代も変化すればバイクや車の性能も飛躍します。
燃費性能も向上し、今は完全にバッテリーで走行する電動バイクもあります。
数年前からもマン島TTレースでは電動バイククラスで参戦しています。

運動性能が向上すれば、必然と安全性能も飛躍します。
但し、何処までいっても全ては人が操ります。

事故は減ってもゼロにはなりません。
慌ただしい時でもゆとりを持って、今日も一日、安全運転を心掛けて下さい!

クルマやバイクの事で御困りの方は先ずは御相談を、クラフターにお任せあれ!
電話でのお問い合わせがしづらい場合は、お問い合わせフォームCRAFTER BBSからの質問でも構いません。
御相談、御見積もりは無料です!
経験豊富なスタッフが、お客様のご要望にお応えします。
By:JJ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ bnr80_15_02.gif


カーファクトリークラフター | 2013.01.25 | PermaLink | トラックバック(0)

500SLC レストア作業風景! その9

前回の作業からの続きです。
他の車種も補修やカスタム等、同時並行で作業を行ってますので地道な作業が続きます。

前回に施工した下地塗装の最終段階です。
赤茶色に見える斑点模様は巣穴を埋めてある状態。
20130117-1.jpg    20130117-2.jpg
※下地塗装で出来た巣穴を埋めたボディ

いよいよボディの塗装へ…
塗装ブースに入れて内装側の塗装に入ります。
20130117-3.jpg
塗装前にホコリを取り除いてマスキング。
殆どが内装パーツで隠れてしまいますが、しっかり塗装を施しておきます。

内装側の塗装前と塗装後では、あまり差の無いように見えてしまいます。
20130117-4.jpg

拡大しても、写真ではわかりづらいですが、隅までしっかり塗りこんであります。
20130117-5.jpg

前側はなんとなく塗装した感じが解るような…
20130117-6.jpg

トランクスペースも同様に、ホコリを取り除いてから塗装してあります。
20130117-7.jpg

今回は内装側の塗装となりましたが、まだまだ手を尽くすパーツは数多くあります。
オーナー様も時折、お店に訪問されて進捗状況を確認されています。

来られる度に、車を見て喜んで頂けておりますので、当社も安心。
オーナー様の待ち遠しさが伝わってきます。

まもなく外装の塗装へ…
カラーリングは決まってますので、後は下地塗装の下処理をしながら地道に進めていきます。

先日、関東に降った大雪で怪我をされた方も多いようです。
所々に雪は残ってますので、特に帰宅する際は足元に御注意!

車も人も互いに譲り合い、今日も一日の安全運転を!

クルマやバイクの事で御困りの方は先ずは御相談を、クラフターにお任せあれ!
電話でのお問い合わせがしづらい場合は、お問い合わせフォームCRAFTER BBSからの質問でも構いません。
御相談、御見積もりは無料です!
経験豊富なスタッフが、お客様のご要望にお応えします。
By:JJ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ bnr80_15_02.gif

カーファクトリークラフター | 2013.01.17 | PermaLink | トラックバック(0)

500SLC レストア作業風景! その8

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様に格別な御高配を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層の御支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

さて皆様への挨拶も早々に、昨年から手がけているレストア車の報告です。

前回はボディ全体に下地塗装を施した状態を報告しましたが、残りのパーツも下地塗装していきます。
補修でパテ付けした部分もライン出しをしたら足付け作業をしておきます。
20130109-1.jpg    20130109-2.jpg
※左右のドアパネル
ドアパネルはガラスもモーターも外してありますが、現行車より鉄板が厚いので以外に重いです。

ボンネットは状態が良いので、補修箇所は少なめです。
こちらも、ライン出しが済んだら、足つけ作業。
20130109-3.jpg
※ボンネット部分

トランク部分は、後にエンブレムやスポイラを取り付けるので、パーツとの隙間が出ないようにラインを修正しています。
パテ研ぎが済んだら、他のパーツと同様に足付け作業をします。
20130109-4.jpg
※トランクパネル

いよいよ、下地塗装。
不必要な部分は養生をして塗装の進入を防ぎます。
20130109-5.jpg    20130109-6.jpg
※左右のドアパネル
前回のボディと同様に下地塗装は厚くても薄くても駄目なので、全体にバランスよく吹き付けていきます。

20130109-7.jpg
※ボンネット部分
一つ一つ丁寧に作業を進めていきますが、吹き付ける面積や量が違うので、乾燥する時間も異なります。

20130109-8.jpg
※トランクパネル
パテ補修した部分を下地塗装でしっかり覆い、乾燥が済んだら巣穴のチェックもおこないます。
各パーツの下地塗装が済んだら、最終の塗装をする下準備です。

2012年11月から期間限定のキャンペーン中です。(但し条件もあります
キャンペーン詳細
ブログを見て下さっている方も、是非一度、クラフターをこの機会に知ってください。

年も明けて、仕事も本格的にスタートしていると思います。
今年一年も、一人ひとりが安全運転を心がけてください!

クルマやバイクの事で御困りの方は先ずは御相談を、クラフターにお任せあれ!
電話でのお問い合わせがしづらい場合は、お問い合わせフォームCRAFTER BBSからの質問でも構いません。
御相談、御見積もりは無料です!
経験豊富なスタッフが、お客様のご要望にお応えします。
By:JJ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ bnr80_15_02.gif


カーファクトリークラフター | 2013.01.09 | PermaLink | トラックバック(0)