ブログ

トップ | ブログ | 500SLC レストア作業風景! その8

500SLC レストア作業風景! その8

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様に格別な御高配を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層の御支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

さて皆様への挨拶も早々に、昨年から手がけているレストア車の報告です。

前回はボディ全体に下地塗装を施した状態を報告しましたが、残りのパーツも下地塗装していきます。
補修でパテ付けした部分もライン出しをしたら足付け作業をしておきます。
20130109-1.jpg    20130109-2.jpg
※左右のドアパネル
ドアパネルはガラスもモーターも外してありますが、現行車より鉄板が厚いので以外に重いです。

ボンネットは状態が良いので、補修箇所は少なめです。
こちらも、ライン出しが済んだら、足つけ作業。
20130109-3.jpg
※ボンネット部分

トランク部分は、後にエンブレムやスポイラを取り付けるので、パーツとの隙間が出ないようにラインを修正しています。
パテ研ぎが済んだら、他のパーツと同様に足付け作業をします。
20130109-4.jpg
※トランクパネル

いよいよ、下地塗装。
不必要な部分は養生をして塗装の進入を防ぎます。
20130109-5.jpg    20130109-6.jpg
※左右のドアパネル
前回のボディと同様に下地塗装は厚くても薄くても駄目なので、全体にバランスよく吹き付けていきます。

20130109-7.jpg
※ボンネット部分
一つ一つ丁寧に作業を進めていきますが、吹き付ける面積や量が違うので、乾燥する時間も異なります。

20130109-8.jpg
※トランクパネル
パテ補修した部分を下地塗装でしっかり覆い、乾燥が済んだら巣穴のチェックもおこないます。
各パーツの下地塗装が済んだら、最終の塗装をする下準備です。

2012年11月から期間限定のキャンペーン中です。(但し条件もあります
キャンペーン詳細
ブログを見て下さっている方も、是非一度、クラフターをこの機会に知ってください。

年も明けて、仕事も本格的にスタートしていると思います。
今年一年も、一人ひとりが安全運転を心がけてください!

クルマやバイクの事で御困りの方は先ずは御相談を、クラフターにお任せあれ!
電話でのお問い合わせがしづらい場合は、お問い合わせフォームCRAFTER BBSからの質問でも構いません。
御相談、御見積もりは無料です!
経験豊富なスタッフが、お客様のご要望にお応えします。
By:JJ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ bnr80_15_02.gif


カーファクトリークラフター | 2013.01.09 | PermaLink | トラックバック(0)

TrackbackURL: